• \社員数名~数十名の中小企業に完全特化!/ 社長がいなくてもまわる
    強い組織/仕組みを
    ゼロからつくる

    01組織クラウド
社員研修/教育

社員が成長する!OJT・社内勉強会の作り方

強い組織づくり・仕組みづくりのためには、社員の成長が欠かせませんが、社員をいかに育むか?という観点で、OJT・社内勉強会の設計が重要になってきます。 今回は、社員教育を通じて、自立自走する社員を育てるためのOJT・社内勉強会の作り方についてご説明します。
組織/仕組みづくり

小さな会社のナレッジマネジメント 会社のノウハウを属人化させない取り組みとは

ナレッジマネジメントとは ナレッジマネジメント(knowledge management)は、1990年に一橋大学大学院の野中郁次郎教授の「知識創造の経営」という考え方から始まったと言われます。 野中教授は長年、日本企業の経営につい...
社員研修/教育

研修はなぜ必要なのか?研修の必要性や種類、方法に応じた活用の仕方

研修とはそもそも何か 社員の教育や指導を行う際に「研修」という言葉をよく使います。「研修」という言葉を辞書で引くと次のような意味があります。 ・学問や技芸などをみがき修めること(出典:広辞苑) ・職務上必要とされる知識や技能を高め...
組織/仕組みづくり

社内報とは?社内報の効果的な作成のしかたと運用のポイント

社内報とは 社内報とは「社内広報」の略語です。社内報は昭和の時代、会社で働く人が多かった時代、会社に関する様々な情報を働く人に伝えることが始まりと言われています。一般的には社員に対して、会社のことを知ってもらう情報発信誌です。昭和の時代は...
社員研修/教育

効果を高める社員研修、社員教育の体制づくり

ここでは、効果を高める社員研修、社員教育をしていくための体制づくりについてご説明します。 社内の教育体制 社員研修、社員教育を実施するには次の図のような体制をつくっていきます。   社員研修、社員教育は経営理念の実現に紐づく ...
社員研修/教育

効果的な社員研修、社員教育の作り方

社員の学び、成長段階に合わせて社員研修、教育を設計する 社員への研修、教育を考える上で知っておくとよいのが、「人の学びには段階がある」ということです。 スイスの心理学者、ジャン・ピアジェは、子どもは成人としての最終的な段階に達する前...
社員研修/教育

なぜ社員研修、教育をしても業績が変わらないのか

ただ、社員教育や社員研修をしただけでは、会社の業績が持続的によくなっていくことということはなかなかありません。社員教育や社員研修が効果がないということではもちろんありません。 社員教育、社員研修について会社、経営者が捉え方を間違えてい...
社員研修/教育

社員研修の効果を増大させるための事前準備

ここでは社員研修の効果を増大させるために、知っておきたいこと、事前の準備として何をするべきかについてご説明します。 仕事に必要な3要素を理解する  そもそも仕事をするには様々な要素が必要ですが大きく分類すると次の3つに分かれます。 ①...
マネジメント

マネジメントがうまい人は褒めることがうまい

マネジメントがうまい人は間違いなく褒めることがとてもうまいです。 ここでは「褒める」ことについてご説明していきます。 そもそも、マネジメントの目的というのは、社員の成長支援にいきつきます。社員の成長を実現するために、上司...
マネジメント

マネジメントがうまい人は任せることがうまい

マネジメントがうまい人は間違いなく仕事を任せることがとてもうまいです。仕事を任せることがうまいというのはどういうことでしょうか。 ここでは、「任せる」ことについてご説明していきます。 任せることが社員を成長させる最も効果的な方法 ...