経営計画書の書き方と項目について徹底解説します

経営計画書
経営計画書
  1. 経営計画書の書き方、項目についてわかりやすくご説明します
  2. 経営計画書の必要性についてご説明します
  3. 経営計画書の全体像がすぐご理解いただけます

経営計画書とは?経営計画書の必要性もご説明します

経営計画書とは会社理念、基本方針、行動指針、経営者の考え方、戦略、戦術、数字目標などを示した経営に関する計画書になります。経営計画書は会社において最も重要となる経営理念を実現するために、どのような基本方針、行動指針に基づいて、3-5年間の中期計画を具体的に考えることになります。経営計画書は、会社の社内外の認識を共通にすることができるなど、経営計画書を書く必要性やメリットはとても大きなものがあります。

経営計画書を書く過程で経営者が成長する

経営計画書を書くことによって、経営者自身の頭の中が整理をされます。
また、経営者として考えなければいけないことを考えることができますので、
経営計画書を書くこと自体が間違いなく会社、経営者の成長に繋がります。

経営計画書は会社の目標を示す

経営計画書は経営理念などの長期の目標や、3-5年後の中期の目標、1年後の短期の目標それぞれを書きます。経営計画書は短中長期における会社の目標そのものになります。目標があることによって会社がどのようにあるべきか、どのようにするべきかが極めて明確になります。

経営計画書は経営を推進する具体的な計画

経営計画書は会社の短中長期の目標を書きます。この計画を使って実際の日々の経営が行われるのです。経営計画書で考えた短中長期の計画を、日々の経営に落とし込みをしていきます。そのため、ただ絵にかいた餅や、机上の空論ではなく、実践的に、実際に経営に使う道具であり、経営者のみが使うわけでなく、全社員が使う、最も重要な仕事上の道具となります。

経営計画書の書き方の全体的なポイント

経営計画書を書いていくにあたって、まず全体として押さえていただきたい書き方のポイントをご説明します。

経営計画書全体を通じて一貫性があるか

経営計画書は後でご説明しますが、いくつかの項目に分かれています。
それぞれ項目は全て独立したものではなく、会社にとって最も重要となる経営理念から逆算をして考える必要があります。そのため、経営理念から逆算をして考えることができていれば、それぞれの項目は経営理念を軸として、一貫性が生まれるわけです。一貫性のない経営計画書というのはうまく書くことができていないということです。

経営計画書全体を通じて具体的かどうか

経営計画書というのはその出来がよいと、結果として、日々の会社、社員のやることを具体化してくれます。経営計画書を見ても、実際に何をどうしたらいいのかわからないという状態になってしまうのは経営計画書がうまくできていないということです。経営計画書は会社、全社員が毎日の仕事の中で実際に使ったり、目指している結果そのものです。そのため、経営計画書が抽象的であってはいけません。

経営計画書全体を通じて納得感、当事者意識を持てるか

経営計画書を見たときに、経営者自身が納得感や当事者意識を持つことができるか大切になります。また、経営者以上に社員が納得感、当事者意識を持つことができる経営計画書か?ということはもっと大切になります。

 

弊社は10年間で1万社を超える、経営計画書の作成や経営支援をしてきております。
経営計画書によって多く会社が大きな成長を遂げています。是非、貴方もしっかりと経営計画書を書いて、会社を大きく成長させませんか?

まずは、弊社がこれまで培ってきました売上アップと組織作りの無料動画をご覧ください。
どちらも2倍速で30分程度で見ることができます。

売上を最速最短で上げるための方法

経営計画書で会社を成長させる方法

 

経営計画書の項目/目次毎の書き方について

経営計画書の基本的な項目と書き方についてここではご説明します。

1,経営理念

経営理念とは会社の目指すあり方、結果を示したもので、会社の究極の目的であり、目標だと考えてください。会社は経営理念を実現するために存在しています。

たとえば、弊社であれば「経営者、起業家とともに世界を変える」という経営理念を掲げています。経営者、起業家のご支援を通じて、世界を変えることを目指しています。

経営理念は会社にとって最も重要な、すべての考えの大前提となるものです。

経営理念は会社の根幹そのものになり、経営理念によって多くの人や会社を巻き込むことができたり、人を動かすことができるすごい道具にもなります。経営理念を考えるにあたって、これだけ多くの会社が世の中にあります。そのため抽象的な、どこの会社にでも当てはまるような経営理念でなく、個性的で、その経営理念を見るとワクワクする、イメージが具体的、個性的なものを考えましょう。経営理念は短いほうが結果としてよいです。

経営理念を徹底活用で会社が強くなり業績アップする話 もお読みください。

2,基本方針

会社の基本方針(経営方針という場合もあります)とは、経営理念を実現するための会社の基本的なあり方や考え方を示すものです。どういうあり方、考え方、方向性で経営理念を実現するのかを、基本方針によって明確にします。基本方針は経営理念を具体化したものだとお考え下さい。実際に作る際には、会社について、商品、サービスについて、お客さんについて、社員について、社会についてという形でこの最低5つの項目について、経営理念から考えた際に、会社としてどのような考えを持っているのかを書くようにしましょう。

会社の経営理念実現のための基本方針/経営方針とは も合わせてお読みください。

3,行動指針

行動指針とは、経営理念を実現、実践するために、社長も含めた会社のすべての社員がどのように実際に行動としてあるべきか、するべきかを具体的に示した規範となります。経営理念を実際の行動とした場合に、会社として大きくはどのようにあるべきか、どのようにすることがよいかを示したものです。

行動指針を策定するメリット、作り方、事例大公開 も合わせてお読みください。

4,中期経営計画

中期経営計画は3-5年間の時間軸の中で、経営理念を実現するために、どのようなところまで進んでいればよいのかという観点で、今の積み上げでなく、経営理念を実現することから逆算をして、3-5年後にどうあるべきか、結果としてどのような状況になっているか、その実現のために、現在とのギャップを見えるようにして、ギャップを埋める作業をします。(経営計画の中に中期経営計画があって、中期経営計画の中の項目は経営計画の項目ともなりますので、5以降の項目は中期経営計画の項目であり、経営計画書の項目でもあるとお考え下さい。)

5,会社の強み、弱み、競合など現状を分析する

会社の現状について分析しましょう。会社の持っているリソース(経験/ノウハウ、お金、人、情報など)はどのようになっているのか、会社の強みは何か、会社の弱みは何か。市場の変化はどうなっているのか、市場の変化において会社の置かれている状況はよ良いのか、悪いのか、競合の状況はどうか、会社の今をしっかりと分析することが最初の重要な出発点になります。現状をしっかりと書き出すことによって、中期経営計画においてどこから手をつけるべきなのか、優先順位が浮き出てくるようになります。

6,戦略、戦術を考える

戦略とは、目標を実現するためのシナリオとなるものです。このような考え、作戦で目標を実現するという目標を実現するための全体の絵になります。戦術とは、戦略を実現するための手段となるものです。戦略は全体の絵に対して、戦術はその絵の中の1つ1つの方法だと思ってください。
戦略、戦術に関して考えるべき項目として、会社全体の戦略、戦術、商品、サービスについての戦略、戦術、マーケティングについての戦略、戦術、営業についての戦略、戦術、社員についての戦略、戦術、お客さんについての戦略、戦術などそれぞれ重要となる項目毎にどのような目標、課題があって、それをどのような戦略、戦術によって実現するのかを書いていきます。

7,収支計画

収支計画は3-5年間の売上、利益など損益計算書の目標をメインにつくりましょう。
3年後の目標とする売上、利益が実現していたときには、どのような経費がどのくらいかかるのか、何に投資をするのか、いくらくらい必要なのか、人は何名くらいになっているのか考えましょう。

8,行動計画

行動計画はこれまで考えてきた経営計画書の内容を、実際にどのように進めていくのか、スケジュールに落としていきます。中期経営計画で3-5年計画を考えますが、1年目を取り上げて、1年目でしなくてはいけないことを1年間の中で、さらに月次目標の形で落とし込みます。項目としては、戦略、戦術部分で考えた重要な項目について、それぞれ月次の行動目標に落とすことができるととてもよいです。

9,経営計画を実行していく

経営計画はただの計画でなく、実際に使っていくものです。そのためにも、1-8の内容が抽象的であってはいけないのです。特に、8の行動計画を立てることなどは実際に実行していくことや、実行していることが計画に対して順調なのかどうかという進捗を確認する上で、また、PDCAサイクルを回していく上でとても重要になります。経営計画を作って終わりという会社がとても多くありますが、それでは意味がありません。

失敗する経営計画書の作り方

完璧な経営計画書にこだわってしまう

経営計画書というのは1度つくって終わりということはありません。
会社経営をしている限り、最低1年に1回は作りますし、日々見直しをしていくことになります。日々の会社の成長や経営者としての成長に比例して、経営計画書もどんどんうまく作れるようになっていきます。そのためはじめて作るときから、完璧な経営計画書を作ろうと思ってもできませんし、意味がありません。経営計画書は育てていくという発想が大切です。

どこにでもあるような内容になってしまう

経営計画書は育てていくということが大切と書きましたが、それでは、ただ適当に経営計画書を作ればいいかというとそれは全く違います。
経営計画書を作る最大の目的は、経営理念を実現することになります。経営理念というのはその会社の目的そのものです。
目的からその実現のプロセスを具体化したものが経営計画書なわけです。
経営計画書はまず作ることが大切なのですが、その際であっても、しっかりと自社ならではの経営理念、自社ならではのあり方、やり方などをしっかりと考えましょう。

実際に経営者計画書を使うことを想定していない

経営計画書をただ作って終わりにしてしまう会社がとても多くあります。経営計画書は作って、実際に使って、更に経営計画書を改善していき、また使ってを繰り返すものです。
経営者計画書をただ作って満足しないよにしましょう。使いこなすことができるとこれほど効果的に会社を成長させることができる方法はありません。

 

弊社は10年間で1万社を超える、経営計画書の作成や経営支援をしてきております。
経営計画書によって多く会社が大きな成長を遂げています。是非、貴方もしっかりと経営計画書を書いて、会社を大きく成長させませんか?

まずは、弊社がこれまで培ってきました売上アップと組織作りの無料動画をご覧ください。

どちらも2倍速で30分程度で見ることができます。

売上を最速最短で上げるための方法

経営計画書で会社を成長させる方法