超効果的な中期経営計画の作り方、事例をご紹介

経営計画書
経営計画書
  1. 中期経営計画とは何かがよくわかります
  2. 効果的な中期経営計画の作り方がわかります
  3. 中期経営計画の事例をご紹介します

会社を成長させるための効果的な中期経営計画書の作成の仕方、ポイントをご紹介していきます。中期経営計画書を作成することによって、その作成の過程だけでも会社、経営者が間違いなく成長をします。あわせて、完成した中期経営計画を運用して、計画を達成しようというPDCAサイクルによって、段違いに会社の成長を実現できます。その意味で、中期経営計画の作成、運用というのは会社にとって本質的にして、とても重要な取り組みといえます。

中期経営計画とはそもそも何か?

中期経営計画とは、会社が中期的に目指すあるべき姿と現在のギャップを埋めるための計画になります。中期という時間軸は一般的に3-5年間で考えられることが多いです。

中期経営計画の前提としては、経営理念の実現という会社にとって最も重要な目標があります。しかし、経営理念だけでは現在の状態から実際の1歩目や、どのようなプロセスによって、どのように会社を成長、動かしていけばいいか?ということがゴールが遠すぎてなかなか見えないことが多くなってしまいます。

そこでイメージしやすくするために、中期の時間軸で、あるべき姿が何か、現在とのギャップは何か、どのようにしたら埋められるかを考えることをするわけです。

中期経営計画のメリットや効果

長期と短期ではうまくゴールにたどり着けない

中期経営計画はとても効果的です。経営理念しかない=計画や目標が長期すぎる=遠すぎるとどこを目指していいかがわからなかったり、間延びしてしまったり、遠いことなので今のこの瞬間を良い意味でプレッシャーや具体性を持たせることがしにくくなってしまうので中期経営計画を使うのです。

逆に1年単位での目標しかない=短期の目標しかないと、短期目線、短期志向になりがちで、そもそもの会社の目的である経営理念の実現という長期の目標にやっていることが繋がっていない動きをしてしまうことがあります。
また、1年単位で物事をみるということで短期的な成果、結果を重視してしまうようになり、会社の持続的な競争力、成長を生み出す原因をつくる投資をするという発想になりにくくなってしまって結果として長い目で見たときに競争力、成長の持続性を落とすことになってしまいます。そこで中期の目線、中期経営計画がドンピシャで効果的なのです。

中期経営計画は、時間軸で言えば、長すぎでもなく、短すぎでもないということで、ある程度の余裕を持ちつつも、すぐに動かなければ時間的にはものすごくあるわけでもないという状況がつくれます。30年後の会社の姿を考えてくださいという場合と、3年後の会社の姿を考えてくださいという場合、後者の方が遠すぎない目標なので具体的に解像度高く、こうなっていないといけないということが見えやすいと思います。このようにあるべき姿=目標地点も設定しやすいことがとても良いこととしてあります。

真の課題を見つけることができる

中期経営計画を策定する中で、現在の自社社内の整理はもちろん、競合企業、社会環境、今後の世界の動向など様々な観点から自社を徹底的に見直すことをしていただきます。

経営理念の実現という目的に対して、どうやったら、効果的に、スピーディーに実現できるのか?ということを徹底的に考えるわけです。中期経営計画の策定そのものが会社の見えていなかった様々な課題を露見させるとても素晴らしい機会となります。

全社のワクワク感、納得感を高めることができる

中期経営計画の策定は全社員それぞれの立場から関わることになります。そのようにするべきです。社員全員が自らも参加をして作成した計画だということで当事者意識をうまく持たせることができると、経営者だけがワクワクしている、やる気に満ちているという状態ではなく、全社員が、中期のあるべき姿に想いを馳せて、ワクワク、やる気に満ちている状態をつくることができます。

また、中期経営計画の策定過程や、中期経営計画によって完成した中期においての会社のあるべき姿が素敵な世界感、姿だと、全社、社員がインスパイアーされ、一致団結ができ、組織として強くなることができます。このような状態を作り上げることも、中期経営計画の目的と言ってもいいかもしれません。

効果的な中期経営計画の作り方

実際に中期経営計画を作る場合のポイントです。
効果的な中期経営計画の作り方として下記の5つがポイントになります。

1,あるべき姿を具体的に考える

2,ビジネスモデル/戦略について考える

3,実現にあたって必要なこと、できない原因を考える

4,行動計画、数字計画を考える

5,計画に対してのPDACを仕組み化する

それぞれについてご説明します。

1,あるべき姿を具体的に考える

あるべき姿を具体的に考えるというのは、そもそもは経営理念、基本方針、行動指針という会社の根底にある考え方に対して、中期の時間軸である3-5年後には、少なくともこういう状態になっていないといけないということを考えるということです。

中期経営計画の目的は、経営理念を実現するための手段に過ぎません。
そのため、大前提であり、常に意識すべきは最も重要な経営理念ということになります。
経営理念を意識して、3-5年後にどうなっているべきかをまず考えましょう。
今の状態をみて、3-5年後にどうなっているべきか?ではなく、経営理念から逆算をして、少なくとも次の3-5年後にはどこまでたどり着いていないといけないのか?を考えるということです。

経営理念、基本方針、行動指針については下記もお読みください。

経営理念を徹底活用で会社が強くなり業績アップする話

会社の経営理念実現のための基本方針/経営方針とは

行動指針を策定するメリット、作り方、事例大公開

2,ビジネスモデル/戦略について考える

中期のありたい姿を考えた際に、現在のビジネスモデルで本当にありたい姿を実現できるのか?というそもそもから疑って見直しをします。

・本来的にはこういう形でお客さんを喜ばしたい
・こういうことができていないといけない
・今のビジネスモデルでは目標とする利益率に満たない



ということを考えましょう。

ビジネスモデルを見直すためには、自社の現在の状態を正確に理解することはもちろん、競合他社がどうなのか、今後のお客さんの課題、ニーズがどうなっていくのか、テクノロジーや技術がどうなっていくのかなど自社以外のことを考えることにもなります。この自社以外の視点から自社の中期のあるべき姿を考えるということがとても重要になるのです。

3,実現にあたって必要なこと、できない原因を考える

1,2を考えたあとで、中期のあるべき姿と現在の姿のギャップが出てきます。

中期のあるべき姿は絶対に実現しなくてはいけませんが、決して簡単に実現できるものではありません。(簡単に実現できる姿の場合には目標とする姿が低すぎます。)

そこで、ギャップを埋めるために、どのようなことができたら実現できるのか、リソースとして何が必要か?ということや、反対に、実現ができないとしたらそれはなぜなのか?という原因を考えます。実現できない原因=ボトルネックになるであろう原因を書き出し、しっかりと理解をし、対処できるようにしていきます。この実現にあたって必要なこと、実現を妨げるであろう原因を俯瞰して考えることは会社の成長にとても重要な影響を与えます。

多くの経営者はどうしても目線が下がってしまっていたり、短期目線、自社目線しか持ててないことがあります。経営者においては目線を変えることがとても大切で、中期経営計画の作成の価値の1つはここにあります。

4,行動計画、数字計画を考える

中期のあるべき姿が確定して、その実現にあたって必要なこと、実現できない原因などをクリアにしたあとで、実際に誰が、どのようなスケジュール、手順でやっていくのかという行動計画と売上、利益などの数字計画を考えます。

数字目標は比較的考えやすいですが、行動目標が雑になったり、粗いことが多々あります。

数字目標を達成するためには、実際にどういう行動をするのか?という関係にありますので、行動目標の精度にもこだわる必要があります。

例えば、中期を3年とした場合、行動計画においては3年後のあるべき姿に対して、逆算をして、1年目はここまでたどり着くようにする、2年目はここまでたどり着くようにするという形で考えることが大切になります。3年間という時間の中で実現させるわけなので、1年目はどうなっていないといけないのか、2年目はどうか、最後の1年間である3年目はどうかここの各年の目標を解像度、具体性を持って捉えることがとても重要になります。そのためには3年後のあるべき姿が明確であればあるほど、現在とのギャップが見えますので、その差を3年間でどういうペースで埋めていくかを考えるということになるわけです。

3年後のありたい姿が明確であればあるほど、現在からの見たときにしなくてはいけないことが明確になる関係にありますので、3年後のありたい姿を中途半端にしたり、抽象度がありすぎることはよくありません。

さらに、結果を出す優れた会社というのは3年計画(中期経営計画)の1年目を12か月に分割して、月次の目標に更に切っていくわけです。そのため、毎月どこまで進んでいないといけないのか?ということがとても具体的になっているのです。

5,中期経営計画に対してのPDACを仕組み化する

中期経営計画を実現するためには、4の行動計画、数字計画を月次計画、目標に落とし込む必要があるとご説明しました。月次目標に落とすことによって、毎月どこまで進捗していれば良いのか、悪いのかという基準ができることがとても重要になります。

もし仮に、月次目標がなく、中期経営計画の進捗を1年単位でみるとなってしまうと、これでは進捗が悪い場合には取り返しのつかない結果になってしまいますよね。計画というのはあくまでも羅針盤に過ぎませんし、実際に運用している中で計画を変更することだったり、計画通りにいかないことにたびたび遭遇します。素晴らしく考え抜かれた計画であるべきなのですが、合わせて、計画実現のためには高速で計画に対してのPDCAサイクルを回せる仕組みがないといけません。

中期経営計画作成の注意点

中期経営計画は本当に効果的な会社を成長させる方法です。
しかし、考え方、作り方、運用の仕方を気を付けないと効果を一切発揮できないということがありますので注意をしてください。

中期経営計画の作成を諦めてしまう

特に初めて作成する経営者にあることなのですが、まだまだ現場仕事が忙しくて時間が取れなかったり、今まで考えたことがないことを考えないといけないのでわからないことがあったり、苦手なことに直面をします。すると考えることをやめてしまうことがあります。

中期経営計画の作成は経営者としての視座、視点、思考力を変えるトレーニングでもありますので、途中でやめずに最後までやりきりましょう。最初は下手でもよいのです。計画をつくって、運用している中で、どんどん計画を見直して、ブラッシュアップしていく(PDCAを回す)ことでうまくなっていきます。

中期経営計画を作って満足してしまう

よくある失敗の1つですが、中期経営計画を作成して満足してしまうことです。
中期経営計画自体をつくること自体が結構大変なことですので、達成感があります。

作っているときがピークになってしまうということです。もちろん計画を作成する過程で気づくこと、やらなければいけないことをすることで間違いなく前進するという側面もありますが、計画を実際に運用することによって数十倍の効果があります。そのため、当たり前に運用ありき、運用ファーストで考えてください。

運用ファーストで壮大な計画はいらない

上にも書きましたが、あまりにも壮大な計画を考えてしまうと途中で投げ出したくなってしまいますので、考えるべき項目などをある程度絞って洗練された範囲で考えることをするとよいです。また、運用のほうが大切でしたので(もちろん適当な計画を作っても意味がありませんので計画にも力をかけるのですが、運用されないと意味がないので)運用がちゃんとできる計画にしないといけません。絵に描いた餅になってはいけません。

経営者独りよがりの計画になっている

中期経営計画は経営者が1人で実現するものではありません。中小企業においてはむしろ経営者がいなくても回る強い組織、仕組みをつくることを中期経営計画のあるべき姿に掲げる会社も多くあります。そのため、中期経営計画作成のプロセスから社員を巻き込んで、当事者意識を持たせることができるかが大切です。経営者が独りよがりでつくって、経営者のみワクワクしている状況にならないようにしましょう。

中期経営計画を作成し会社理念を実現する

経営理念を実現するために中期経営計画があるという関係でした。
まずは経営理念があります。次に基本方針があります。その次に行動指針があります。
これら会社にとって最も根本にして本質的なあり方、考え方を決めることによって会社は間違いなく大きく成長することができます。

中期経営計画は経営理念というちょっと抽象度の高い目標を一気に具体化した計画そのものです。中期経営計画の完成度合、実際の運用、PDCAの仕組みによって、会社の成長は決定的に変わります。

弊社の01組織クラウド をお使いいただけますと、中期経営計画の作成、その運用、PDCAの仕組み化がはかられます。

まずは、社長がいなくても回る強い組織、仕組みの作り方について無料の動画 をご用意していますので、是非合わせてご覧ください。