社長がいなくても回る強い組織、仕組みをつくる方法とは

組織/仕組みづくり
組織/仕組みづくり

社長がいなくても回る強い組織、仕組みをつくりたいと思っている経営者は多いのではないでしょうか。多くの会社は、経営者がいなくなってしまうと会社の成長はもちろん、日常業務すら回らない、とても属人的、ワンマンな状況になってしまっています。

ここではどのようにすれば、社長がいなくても回る強い組織、仕組みをつくることができるのかをご説明します。

まずは社長の属人化、ワンマン化からの卒業

小さな会社というのは、その構造において社長に会社内のあらゆる活動が属人的に紐づきやすいということがあります。小さな会社というのは、文字通り、小さいため、リソースが全然ありません。そのため、社長があらゆることをやらなければいけないという状態にあります。

この状態のままでいると、社長しかできない、社長しか知らないという状況に陥ってしまいます。このことを属人化、ワンマン化と呼んでいます。

属人化、ワンマン化というのは、小さな会社の構造的にある意味仕方のないことです。しかし、属人化、ワンマン化から抜け出そうとしない限り、会社の成長はなく、属人化、ワンマン化が加速してしまうという悪い循環に入ってしまいます。

自分でやったほうが早いというワンマン化の誘惑

属人化、ワンマン化から抜け出すために、相当なパワーと、時間がかかります。

社長としては、属人化、ワンマン化に慣れてしまっているため、属人化、ワンマン化の状況であっても、目の前の日常の仕事は最低限回っていたりするためです。

社長は、会社内のあらゆることをやっている中で、超人的に仕事ができる人になっている場合が多くあります。PDCAサイクルを無意識的に回しており、どんな仕事でも自分の中でとても効率的なやり方を知っているわけです。この社長の仕事のやり方などは、社長しか知らず、周りの社員は全くわかりません。そのため、社長も周りの社員にはできない、教える時間を取るくらいなら自分がやったほうが早い、成果が出ると思ってしまい、属人化、ワンマン化から抜けることがなかなかしにくいのです。

社長自身もそうだったはずですが、仕事がそもそもとてもできるようになるためには、一定の時間、失敗、経験などがベースにあるわけです。つまり時間がかかるわけですが、社長は我慢できなかったり、せっかちなことが多いので、短期での成果ばかりをみてしまうことも、属人化、ワンマン化から抜け出せない原因としてあります。

そのため、属人化、ワンマン化から抜け出すためには、

・抜け出すという強い覚悟を持つこと
・自分がやったほうが早いという誘惑に勝つこと
・短期で成果が出るものではなく一定の時間がかかる

などがポイントになります。

社長個人戦から、会社全体のチーム戦に変える

属人化、ワンマン化から抜け出す覚悟などを持った上で、これまでの社長個人戦の戦いから、会社全体のチーム戦にそもそもの種目を変えていく必要があります。

社長個人戦の時には、「社長個人ができればよかった」わけですが、社長がいなくても回る強い組織、仕組みをつくるというのは、種目が、会社全体のチーム戦に変わっています。

会社全体のチーム戦においては、「誰でもできる状態や仕組みをつくること」が必要となり、全く社長がやるべきことが変わるわけです。社長個人戦のときには、社長は自分のことだけ考えていればよかったものが、会社全体のチーム戦になると自分でない人のことを考えないといけないのです。全く違う考え方、動き方が必要になってくるのです。

上記のように、会社が成長していく過程において、どうしても構造的に属人化、ワンマン化が生じてしまうことがあります。社長が気が付いていないものの、実は社長個人戦でなく、会社全体のチーム戦に入っている、種目を変えないといけないのに、ずっと社長個人戦になっている社長が世の中多いのです。

仕組みをつくるためには学習が不可欠

会社全体のチーム戦に変えていくにあたって、まず、何よりも大切になることが、前提となる「学習」をするということです。全くもって種目が変わります。

会社全体のチーム戦において、どのような状況を、どのようにしてつくっていくのか、その順番、重要なポイント、よくある失敗などを体系的に、時系列で社長が理解できると、とてもスムーズに仕組みづくりができるようになります。

弊社の社長がいなくても回る強い組織、仕組みをつくる01組織クラウドは、仕組みをつくるための体系的なノウハウを「マスターマネジメントプログラム」という学習プログラムとしてご提供しており、何を、どこから、どのようにしていけば、属人化、ワンマン化から抜け出し、社長がいなくても回る強い組織、仕組みができるのかが分かっていただけます。

仕組みづくりは経営計画書の作成からはじまる

社長個人戦から会社全体のチーム戦になって、まずするべきことは「学習」なのですが、実際に会社としてやっていくこととしては経営計画書をつくることになります。

経営計画書とは会社理念、基本方針、行動指針、経営者の考え方、戦略、戦術、数字目標などを示した経営に関する計画書になります。経営計画書は会社において最も重要となる経営理念を実現するために、どのような基本方針、行動指針に基づいて、3-5年間の中期計画を具体的に考えることになります。経営計画書は、会社の社内外の認識を共通にすることができるなど、仕組みづくりをそもそもなぜするのか、どこに向かっているのかを示した、最も重要なツールになります。

社長個人戦の場合には、社長が分かっていれば良かったのですが、会社全体のチーム戦になったわけなので、社長しか分からないという状況はいけません。この社長しか分からないというのは、業務に限った話でなく、そもそも業務より上位の概念である、会社の目指していることをはじめ、今後どのように会社を経営していくのかということまで、社内誰でも分かるようにしなくてはならないのです。

経営計画書がないと、社内が共通目標、共通理解を持って=同じ方向を向いて全力疾走ができません。1人1人が違う方向に走ってしまっては、会社全体のチーム戦では勝てません。全社員が共通目標、共通理解を持つことがまず何よりも大切となり、それが経営計画書の役割となるのです。

経営計画書を実践していく中で仕組みが出来上がっていく

経営計画書を作成していく中で、考えないといけない問いがたくさんあります。これらの問いを考えていき、日々の経営、業務を通じて実践をしていく中で、PDCAサイクルが回っていきます。

そもそも会社の今年、今四半期、今月の目標は何か?

それがブレイクダウンされたチームの目標は?

さらにブレイクダウンされた個人の目標は?

このように会社、チーム、社員個人の目標に対してのPDCAサイクルの仕組みをつくりながら、より前進した会社の業務(マーケティング、セールス、お客さん対応などなど)についてあらゆる状態を言語化していきます。このことを繰り返していくと、結果としてとても効果的な様々なマニュアルができていたり、マニュアルをただ見てもわからない場合などには、マニュアルを使って社員が他の社員向けに勉強会を実施したりと社内の知識、経験、ノウハウが共有される状態=仕組みがどんどん出来上がっていくのです。

・ただマニュアルをつくればよい

・ただ社内で研修をすればよい

・ただ目標設定をし管理すればよい

そのような各論での捉え方をしてしまうと組織作り、仕組みづくりは間違いなく失敗してしまいます。そもそもの目的を全社がしっかりと理解、納得をし、一丸で目指せる状況が不可欠であり、適切な順番とやり方で進めていく必要があります。

 

弊社の01組織クラウドでは、社長がいなくても回る強い組織、仕組みをつくるための「学習」「システム」「サポート」をご提供しています。早々に属人化、ワンマン化から抜け出し、強い組織、仕組みをつくりたい方はお問い合わせください。