社長個人プレーでは会社の売上は1億円で止まる

組織/仕組みづくり
組織/仕組みづくり

社長個人プレーで会社成長するのは売上1億円程度まで

売上が数千万円後半~億円超えて現場の最前線にいるような社長は、プレーヤーとして間違いなく神レベルのプレーヤーだったりします。

社長は創業時の本当に何もないところから、マーケティング、営業、納品、お客さん対応、バックオフィスなど1人であらゆることをやらなければならず、また、それぞれにおいて相当な数をこなしていく中で、意識、無意識的にPDCAサイクルが回り、あらゆる業務において超人的な力を持ったプレーヤーとなっていることが多くあります。

創業時の何もないフェーズにおいては、まさに社長のこの個人の力が間違いなく競争力の源泉であって、この力によって、売上が数千万円後半~億円超えるところまでの成長を実現しました。

しかし、売上が数千万円後半~億円超えてくると、社長も異変に気が付きます。それは、売上がかつてのようになかなか上がらなくなってきたということです。

売上が数千万円後半~1億円前後が社長1人の限界

これは弊社自身、弊社のお客さんの会社をお手伝いしている中の経験上の話ですが、売上が数千万円後半~1億円前後くらいまでが社長1人でつくりだせる売上の限界であることが多いです。(もちろん業種などによって例外はありますが、大多数はこのくらいの売上で頭打ちします。)社員の数で言うと、5-10名程度ということが多いです。

社長1人では会社の売上が頭打ちになる原因

社長1人の力では売上が頭打ちになる原因についてご説明します。

マーケティング、営業など売上に影響する活動が社長しかしていない

これは売上が止まってしまっている会社によくあることですが、売上に影響する会社活動として、わかりやすく言えば、マーケティング、営業があります。マーケティング、営業をしないと売上は伸びていかないわけですが、マーケティング、営業を社長しかできない、社長しかしていないという会社があります。この状況になってしまうと、社長がマーケティング、営業に専念できればともかく、そのような状況はなかなかつくれていない会社がほとんどですので、そのほかの業務もある中で、マーケティング、営業にかけられる時間がなくなっていきます。売上を伸ばす活動に時間を使えなくなっていくので、もちろん売上が伸びる理由がないという状況になっていきます。

商品、サービスの提供にも社長が関与しており時間がまるでない

マーケティング、営業だけでなく、売上が伸びるとそれに応じて会社は商品、サービスの提供、納品などの業務があります。この商品、サービスの提供が労働集約型のモデルだったりすればするほど、この商品、サービスの提供自体に必ず時間がかかるわけです。この部分にも社長の関与があると、当たり前に社長の時間が奪われていき、マーケティング、営業にかける時間がなくなっていきます。

商品、サービスが実質的に社長になっている

上記をより悪くした場合として、社長自身が商品、サービスそのものという会社は意外と多くあります。社長が商品、サービスそのものなので、売れる毎に社長の稼働がマストになります。結果、マーケティング、営業活動の時間がなくなることや、そもそも社長の物理的時間に限界が来て、商品、サービスという意味での限界を迎え、売上が伸びなくなります。

お客さんの個別対応が横行している

 

商品、サービスにおいて、明確に決まった商品、サービスでなく、お客さんごとに個別で内容を変えしまっている会社がよくいます。同一の商品、サービスを提供し続ける場合には、やり方など、どんどん洗練されていき、効率が上がっていきます。しかし、個別対応などによって内容ややり方が変わってしまうことが常態化すると、商品、サービスの効率性が上がらず、手間、時間だけ増えるということがあります。個別対応をすると社内管理も大変になり、個別対応の塩梅など、まさに社長しか知らないということになりがちで、社長が実質的な商品、サービスとなってしまうという悪循環があります。

1億円を超えて、3-5億円、10億円の売上をつくるためには

売上が1億円で止まってしまう会社というのは、会社というよりも、社長個人がすべての会社ということになります。社長個人では確実に限界があり、一時的に大きな売上を実現できたとしても持続はできません。売上1億円を超えて、3-5億円、10億円の会社を目指していくためには、社長個人という戦い方でなく、会社として、社長個人でなく、組織、仕組みによって売上を伸ばしていく構造に変えなければいけません。

 

弊社の01組織クラウドは、社長がいなくても回る強い組織、仕組みをつくるためのクラウドサービスになっています。社長個人で戦っている構造から、社長個人でなく、組織、仕組みで戦える構造に変えていきます。ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。