なぜ頑張らない経営者のほうが頑張る経営者よりうまくいくのか

組織/仕組みづくり
組織/仕組みづくり 経営戦略

経営者が頑張れば頑張るほど自分は誰よりも頑張っていると思い込んでいきます。
結果として、経営者の目線、前提で、頑張りが見えない社員が許せなくなっていきます。

自分がいかに頑張っているかを社員に言い始めて、精神論的にもっと頑張らないといけない、今のままではダメだと怒りはじめるのです。
このようなことを経営者は繰り返すのですが、会社がよくなることは一向にありません。

経営者が頑張り方を間違えてしまうと会社はむしろうまくいかなくなってしまうのです。
詳しくご説明していきます。

そもそも経営者の仕事、役割とは何か

経営者の仕事というのは、人を通じて大きなことをなすことと弊社は定義をしています。
そのため、経営者自らが現場仕事、作業=社員の仕事を頑張るということもタイミングタイミングではもちろん必要になりますが、それをずっとやり続けてしまうと会社経営はうまくいかなかくなってしまいます。

経営者が社員の仕事をするとなぜうまくいかないのか

経営者は自らの会社で24時間365日会社の成長のことを考えていたり、会社は自分の子供のようなものなので命懸けで考えて、動く前提があります。
このような前提で経営者は本当に何もないところから様々な経験を積み、能力を成長させてきており、普通の人=社員ではなかなかできない経験、能力を身につけている異常な存在だったりします。
そのため良い意味で大変にこだわりをもっていたり、ノウハウをもっているために、経営者が社員の仕事をし続ける=社員と一緒に社員の仕事をし続けると社員がいかに仕事ができていないかが見えてしまって、自分がやったほうがいいということで社員から仕事を奪ってしまうことがよくあります。
仕事が奪われてしまうというのは、成長の機会が奪われたということと同じです。
経営者も印象として●●さんは仕事ができないという風に思っていくと、仕事をどんどん任せなくなっていきます=成長ができない会社環境になっていくわけです。

経営者は社員ができないので自分がやらないといけないと思うので、自分だけが頑張っているという意識に変わっていってしまうことがあります。

このように経営者が社員の仕事をし続け頑張ってしまうと

・社員の成長機会が奪われる

・経営者が孤独感を感じたり、自分だけが頑張っていると錯覚をする

ということが起きるのです。
このようになってしまうと最初に書いたような状態になってしまい、経営者と社員が分断された形になってしまいます。

頑張らない経営者がうまくいく理由

頑張らない経営者というのは遊んでいるというわけではもちろんありません。
真剣に日々会社経営をしているわけですが、社員の仕事を頑張らないということです。
社員の仕事を頑張らないという最終系は社員の仕事をやらないということになります。
人を通じて大きなことをなすことが経営者の仕事、役割ですので、社員が良い仕事をできるようにサポートする、成長する仕組みをつくることが経営者の仕事、役割となります。
この経営者の仕事、役割を頑張るわけです。

経営者が自らの仕事、役割をどのように認識をして、コミットするかによって全く異なる会社、環境、仕組みになっていくのです。
どちらの経営者も会社をよくしたいという気持ちは一緒なのですが、役割の認識ということが結果を全く異なるものに変えてしまうわけです。

>マネジメントの意味や目的を理解し、マネジメントがうまくできる人になろう

も合わせてお読みください。