見やすいマニュアルとは?デザインなど作り方のポイントをご紹介

マニュアル
マニュアル 組織/仕組みづくり

仕事の仕方や引き継ぎなど、マニュアルは業務の様々な場面で役に立ちます。
しかしながら、そのほとんどは読まれていません。

どんなに読ませようと仕組みやルールを作っても、「マニュアルは読まれないもの」なのです。

この記事では、マニュアルは読んでもらうものではなく、見せるものとして考えマニュアルのデザインや作り方のポイントをご紹介します。

見やすいマニュアルの作成ポイント

もちろん内容がしっかいしていることは前提で、マニュアルのレイアウトや見た目のポイントについて説明します。

>超実践的、効果的なマニュアルの作り方、使い方はこちら

視覚的にわかりやすくする

文字だけだと飽きてしまったり、読み飛ばしてしまう人が多くいます。
1ページにできるだけ情報を詰め込み、ページを少なくしたい気持ちもわかりますが、途中に図やイラストを入れ込んだり、文字の色を変えるなどして、飽きないマニュアル作りをしましょう。

例)

フォントを揃える

むやみにフォントを増やすと、統一感がなく読みにくくなってしまいます。
フォントは原則1つにしましょう。

フォントが与える印象と選び方

選ぶフォントによって、「明るい」「硬い」「楽しい」など、読み手に無意識に印象を植え付けることができます。
真面目な内容のマニュアルには「明朝体」、催事のマニュアルには「丸ゴシック体」など、狙ってフォントを選んでみましょう。

明朝体・・・「真面目」「優雅」「上品」「知的」なイメージを与えます。
また、堅苦しさも感じさせるので、就業規則やセキュリティに関するマニュアルに使うと良いでしょう。

ゴシック体・・・太いマジックで書いたようなイメージです。
「面白い」「楽しい」「親近感がある」などの印象を与えます。
長く読ませるというよりも、パッと目に入りやすいという特徴があります。

丸ゴシック体・・・ゴシック体に丸みを帯びさせたものです。
「やさしい」「ソフト」「ワクワクする」などの印象を与えます。
堅苦しい内容でもソフトに伝えることができるので、新人研修のマニュアルなどにも使用できます。

余白を入れる

文字がずらっと並んでいるだけだと、窮屈で見づらく感じてしまいます。
文字や文章が近すぎると、お互いに主張してしまい、どちらも見えづらくなってしまうのです。

余白を入れることによって、主張したいものがより目立つようになり、情報もすぐ認識できるようになります。

例)

トンマナを守る

トンマナとは「トーンアンドマナー」の略で、デザインやスタイルなどに一貫性をもたせるルールをいいます。

上記で挙げた図やイラスト、フォント、余白などをトンマナとして決めておけば、誰が書いても同じクオリティのマニュアルが作成できます。

マニュアルのデザインの注意点

ここまで、「見やすく」するためにデザインのお話をしてきましたが、過剰に装飾しすぎてしまうのもいけません。

なんのためのマニュアルなのかがはっきりわかれば良いので、不必要な装飾は避けましょう。

悪い例)

マニュアルの目次の注意点

ITツールの使用方法や、会社資料など、どうしてもページ数が多くなってしまうマニュアルは、目次が大切になってきます。

読み手は目次から索引するので、目次を見ただけでマニュアルの内容が大体わかり、なおかつ、どのページを見れば何がわかるのかをひと目で認識できるようにしましょう。

悪い例)

1.基本設定 P.2~11

2.機能説明 P.14~158

3.その他便利機能 P.161~170

 

良い例)

1.基本設定 P.2~11

1.1.マイページ設定・・・P.4
1.2.社内アカウント発行・・・P.5,6
1.3.グループ設定・・・P.7~10
1.4.アクション設定・・・P.11

2.機能説明 P.14~158

2.1.ダッシュボード・・・P.14
2.2.基本機能・・・P.21~68
2.3.仕組み化機能・・・P.70~98
2.4.PDCA機能・・・P.96~143
2.5.コミュニティ・・・P.144~158

3.その他便利機能 P.161~170

3.1.お気に入り機能・・・P.161
3.2.メモ機能・・・P. 162~166
3.3.チャット機能・・・P. 167~170

マニュアル作成には便利なITツールを!

googleスライドやパワーポイントで作成するのも良いですが、装飾やインデント、改行幅の調整などなかなか時間がかかるものです。

01組織クラウドなら、クラウド上で簡単綺麗にマニュアルを作成し、簡単に共有することができます。

詳しくはこちら詳しくはこちら