プレーヤー自慢をする経営者が危険な理由

経営戦略
経営戦略

経営者自らが日常業務のオペレーションや作業をして、お客さんにものすごい褒められたということを自慢げに話しているようでは会社の成長が早晩止まるのが見えてしまいます。
個人事業主であればまだよいですが、経営者が自分の役割、仕事を間違えてしまうと会社はまるで成長しません。

経営とは人を通じて大きなことをなすことです

経営者が日常業務の中で、自らがオペレーション・作業をしてうまくできること、もしそれだけに喜びを感じてしまっているようなことがあっては絶対にいけません。
そのような目線しかないことが何よりよくありあせん。
創業したてであればともかく、会社を成長させていきたいと思っている経営者は特にです。

なぜなら、経営者である貴方が日常業務のオペレーション・作業をし続けても会社は成長しないからです。
経営者が何を目指すのか、その目指すものに対して今をどのようにしていくべきなのかによって会社の成長が決まります。

経営者が何を目指しているのかによって、現状をどのように捉えることができるのかがまるで変わるわけです。

経営者が日常業務の中で自らがオペレーション、作業をして、うまくできること、それだけに喜びを感じてしまうというのは、オペレーション、作業をする人=プレーヤーにおいて一流であればよいということを経営者が思ってしまっているわけです。

プレーヤーと経営者の仕事はまるで違います。オペレーション、作業などをするプレーヤーの仕事を蔑んでいるわけでは全くありません。当然にプレーヤーとしての役割はものすごい大切になります。

小さな会社や経営者1人でやっている会社においては、
経営者が何を目指すのか、その目指すものに対して今をどのようにしていくべきなのかを明確に決めて、
そのようにしていくことを本気でコミットしない限り、日常業務は待ったなしでやってきますので、
「忙しい、やらなければいけない」と流されてしまって、どんどんプレーヤーだけの目線に下がってしまいます。

プレーヤーだけの目線になってしまうと、それが当たり前になってしまって経営の目線をどんどん失っていきますし、経営とはそもそも何か、経営の力なんてつくことはなくなってしまうわけです。

経営者自身が自分は何者なのか?を常に問うべきです。

弊社はリソースがない中小企業の経営者、個人事業主がどのように考えて、何をしていけば最大遠くに行けるのか=お金、時間、余裕持ち=とても強い会社、個人事業主の状況になることができるのか知っております。
是非まずは下記のセミナーにご参加ください。