スモールビジネスにとって市場は大きいほうがいいは真っ赤な嘘

未分類
未分類

「ニッチすぎてビジネス成立するの?」
「市場規模は?」
「こんな人口いないところでやっていけるの?」

など、それっぽい考えを言ってくださる方は、世の中たくさんいます。

この人達の前提には市場は大きい方がいいということがあります。確かに一見すると市場は小さいよりも大きいほうがよさそうですが、決定的に重要な視点が抜けています。

中小企業、個人事業主でスモールビジネスをやる我々は
何百億円、何十億円、何億円ものビジネスを求めていたのか?ということです。
ほとんどの人がスモールビジネスとベンチャー&スタートアップが決定的に別物ということを理解していません。また世の中のセオリーと言われている考え方、理屈は大企業の成功などをベースに作られていたりします。例えば、大企業からしたら市場が小さすぎたらダメなわけです。

1人でやっている個人事業主であれば数千万円の売上になれば、売上という意味では100点かもしれません。市場が大きいというのはそれだけ多くの人が認知をしていて、競争相手も多いということで貴方のポジションも少ないということでもあります。

市場は確実にあるのだけど、他の人が意識をしていない、やりたがらないけど貴方はしたい、できるということを見つけることができたほうがスモールビジネスにおいては成功すること間違いないのです。

●スモールビジネスの売上アップに必要なことだけを60分にまとめています。
無料ですので、早めに一度ご覧ください。
https://suke10.com/seminarlp/practicalmarketing/

●士業や先生業がコンサルティング業で成功するために必要なことだけを60分にまとめています。
無料ですので、早めに一度ご覧ください。
https://smart-cloudconsulting.com/lp/index-03.php?cd=minjDh9L

●お金、時間、余裕持ちになりたいスモールビジネスの経営者、個人事業主に必要なことだけを60分にまとめています。
無料ですので、早めに一度ご覧ください。
https://01cloud.jp/seminarlp/money_time_margin/