儲かっている競合がいないならその事業はやらない

未分類
未分類

競合の重要性についてはこれまでも何度も何度もお伝えしてきました。

人の能力の差など本当にごく一部の天才などを除けば微々たる差しかありません。
人の能力の差=ビジネスの成功、失敗の差ではないのです。
スモールビジネスであれば間違いなくそうです。

スモールビジネスというのは、既に存在している市場=既にお金を払っているお客さんがいて、儲かっている会社、個人事業主がたくさんいる中で(=競合)、他の会社、個人事業主よりも少しでよいのでうまくやることで、十分、実現したいと思っている目標などの多くが叶ってしまうのです。

そのため貴方独自のアイデアや画期性などはいらない、むしろスモールビジネスにおいて言えば、邪魔になったり、失敗の確率を上げてしまうと言えるくらいです。

スモールビジネスにおいて重要なポイントは、どこの市場で戦うかということ、その現状分析がとても大切になります。その中で儲かっている競合が複数いるかをしっかりと掴むことが大切になります。

競合=儲かっている会社が複数あるかというのは、魚群探知機で魚の群れがどこにいるかを科学的に突き止めてから漁を開始するのと全く同じです。儲かっている競合が複数いるということは、貴方が儲かるということの大前提となる状況なのです。

●スモールビジネスの売上アップに必要なことだけを60分にまとめています。
無料ですので、早めに一度ご覧ください。
https://suke10.com/seminarlp/practicalmarketing/

●士業や先生業がコンサルティング業で成功するために必要なことだけを60分にまとめています。
無料ですので、早めに一度ご覧ください。
https://smart-cloudconsulting.com/lp/index-03.php?cd=minjDh9L

●お金、時間、余裕持ちになりたいスモールビジネスの経営者、個人事業主に必要なことだけを60分にまとめています。
無料ですので、早めに一度ご覧ください。
https://01cloud.jp/seminarlp/money_time_margin/